クロスワードダウンロードサービス利用規約

【 1.サービスの利用申し込みおよびサービスの提供の開始について】

(サービスの利用申し込み)
サービスの利用希望者は、本規約に合意した上で、運営者が別途定める手続きに従って、利用申し込みを行うものとする。
サービスの利用希望者が未成年の場合、自らの法定代理人から事前に同意を得た上で、運営者が別途定める手続きに従って、利用申し込みを行うものとする。
運営者は、利用申し込みを行った利用希望者が、以下の各号のいずれかに該当している場合は、当該申し込みを承諾しない場合がある。
(1)申し込み内容に虚偽、記入漏れ、誤記があった場合
(2)過去に規約違反等により、運営者が提供するサービスの利用資格を取り消
されたことがある場合
(3)その他運営者が、利用者として不適切と判断した場合

(サービス提供の開始)
サービスの提供の開始については、運営者がサービスの利用希望を承諾し、サービスの提供の為の当該諸作業が完了の後、利用希望者に対し別途定める方法で通知するものとする。

【 2.利用方法】

利用開始については、サービスの提供開始に伴い、必要となるユーザーID、パスワードが登録完了している状態を前提とし、当サイト手続き完了後、自動的に利用可能となります。
*ダウンロード機能を利用しないユーザーは気にしなくてOK!*

【 2.1 利用条件】

・当サイト掲載のクロスワード使用の際は必ず「提供元:クロスワード.jp」と明記すること。(ダウンロードPDFには明記済みにてそのままご使用頂けます)
・利用にあたり、クロスワードを一部変更しての利用可能。(加工であっても「提供元:クロスワード.jp」と明記すること。)
・不特定多数に向けての配信、紙媒体・WEB媒体の転載・加工転載も可能。
・クロスワード問題および解答データをダウンロードする形での配信は不可。
・リンク先を当サイト指定でのPDFダウンロードをさせる行為も不可。
・クロスワードの転載または加工転載はあくまでも「見る」に限り、クロスワードデータ取得させるものであってはならない。
・当サイトのクロスワードを売買してはならない。(一部加工した場合も)

【 3.通知】

運営者から利用者への通知は、通知内容を電子メール、書面又は運営者のウェブサイトに掲載するなど、運営者が別途定める方法により行うものとする。
前項の規定に基づき、運営者から利用者への通知を電子メールの送信又は運営者のウェブサイトへの掲載の方法により行う場合には、利用者に対する当該通知は、それぞれ電子メールの送信又は運営者のウェブサイトへの掲載がなされた時点から効力を生じるものとする。

【 4.ユーザーID、パスワード及び当該蓄積情報の管理】

(ユーザーID、パスワードの管理)
運営者は、サービスの提供の開始に伴い、必要となるユーザーIDを別途定める方法で利用者に通知するものとし、利用者はその後、ユーザーID管理及びパスワード使用について一切の責任を負うものとする。
利用者は、自己の責任において、ユーザーID、パスワードを管理しなければならない。
利用者は、ユーザーID、パスワードを定期的に変更する等、第三者に不正に利用されることを防止する措置をとらなければならない。
利用者は、ユーザーID、パスワードを第三者に貸与、譲渡してはならない。
利用者は、ユーザーID、パスワードを使用上の過誤、管理不十分又は第三者による不正使用等に起因して損害を被った場合でも、その管理の責任上、運営者に対し該当損害につき一切の賠償請求を行わないないものとする。
また、この場合でも、運営者に重大な過失なくサービスの提供がなされている限りは、サービスの提供料金等の債務の一切は、利用者がこれを負担するものとする。
利用者は、以下の各号に該当する場合は、速やかに運営者にその旨を連絡し、運営者は、必要に応じて、ユーザーID、パスワードの変更等、出来る限りの措置をとるものとする。
(1)ユーザーID、パスワードを忘れた場合
(2)ユーザーID、パスワードを第三者に利用されたもしくはそのおそれがある場合。

(当該蓄積情報の管理)
利用者は、当該蓄積情報について、一切の所有権、管理、責任を担うものとする。
運営者は、サービスの利用に伴い、当該蓄積情報に何らかの破損、紛失があった場合も、利用者に対し何ら保証を行わない。
利用者は、サービスの利用に伴い、当該蓄積情報については、管理上バックアップを自らの手元に保管するものとする運営者は、当該蓄積情報の内容の検閲、確認及び第三者への開示を一切行なわない。
但し、以下の各号のいずれかに該当する場合はその限りではない。
(1)利用者又は公衆の生命、健康、財産等の重大な利益を保護するために必要な場合
(2)法令に基づく開示請求があった場合
(3)当該蓄積情報が本規約に定める【禁止事項】に該当する、あるいはそのおそ
れのある場合。
前号に該当する場合、運営者は、当該蓄積情報の全部又は一部を、利用者への事前の通知、承諾なしに、削除及び第三者への開示を含む適当な措置をとることができるものとする。
但し、運営者は、当該蓄積情報が前号に該当するか否かを確認する義務や、当該蓄積情報の削除義務を負うものではない。
当該蓄積情報の利用に関連して、利用者が他の利用者、第三者又は運営者に対して損害を与えた場合、あるいは利用者と他の利用者または第三者との間で紛争が生じた場合は、自己の費用と責任において、損害を賠償又はかかる紛争を解決するものとし、運営者に何等の迷惑をかけず、また損害を与えないものとする。

(サービスの提供停止後のデータの管理)
運営者は、サービスの提供停止日に、ユーザーID、パスワードの変更を行い、ログインを停止する。また、サービスの提供停止から3日後に、データベースとして残っている、一切の電子メールアドレス、データ等を消去するものとする。利用者はサービスの提供停止後、いかなる場合も運営者に、データの返還を求めることはできない。

【5.個人情報の利用目的について】

運営者は、原則として以下の目的に限り、利用者の名前、住所、生年月日、性別、電子メールアドレス等の個人情報を、利用者自身から提供されるものとする。
なお、個人情報に関しては、運営者内での利用に限る。
(1)サービスを提供するため。
(2)入会(退会)手続き等、お問い合わせへの回答のため。
(3)メールマガジン、オプトインメール等の送付のため。
(4)アンケートや市場調査のため

(アンケートや市場調査に関しては、運営者が実施し、第三者へは、個人が特定出来ない形で、公開されることがある)

【5.1.個人情報問い合わせ、変更、削除】

サービスにおける、個人情報の問い合わせ先は、「クロスワード.jp」
(tony_lily@crossword-app.com)とする。
(1)登録された情報は「ニックネーム」「プロフィール画像」を除き、変更できないものとする。変更が必要な場合は運営者に連絡が必要なものとする。
(2)削除は利用者自らすることが可能だが、削除範囲はクロスワードを遊戯するに当たり必要な情報(ランキング、ニックネーム、アカウント、スコア、画像)のみとなる。個人情報の削除に関しては削除依頼を受けた場合のみ対応するものとする。

【6.禁止事項】

利用者は、以下の行為を行わず、また、利用者をして行わせないものとする。
また、運営者は、利用者が以下の行為を行うおそれがあると判断した場合、利用者の許可なくサービスの提供中止を含め、適切な処置を講ずることができる。

(1)クロスワード問題または回答を不特定多数にダウロード可能とする行為。
(2)クロスワード問題または回答を不特定多数にデータ取得可能な形式でのメール配信する行為。
(3)クロスワード問題または回答を売買する行為。
(4)クロスワード問題または回答を一部改変し、(1)~(3)の行為。
(5)運営者または他の者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、またはそのおそれのある行為。
(6)運営者または他の者を差別、もしくは誹謗中傷、名誉や信用を毀損する行為、またはそのおそれのある行為。
(7)運営者または他の者の信用を毀損し、財産を侵害する、不利益を与える行為、またはそのおそれのある行為。
(8)公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為。
(9)詐欺等の犯罪に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。
(10)選挙の事前運動、選挙運動その他公職選挙法に抵触する行為、またはそのおそれのある行為。
(11)運営者または他の者のサイトの情報を改ざん、消去する行為、またはそのおそれのある行為。
(12)運営者または他の者になりすましてサービスを利用する行為、またはそのおそれのある行為。
(13)運営者のサービスの運営を妨げる行為。
(14)前各号に定める行為を助長する行為、またはそのおそれのある行為。
(15)前号の他、法令、本利用規約に違反する行為、またはそのおそれのある行為。
(16)その他、運営者が不適切と判断する行為、またはそのおそれのある行為。

【7.解約の申し込み及びサービスの提供停止について】

(運営者によるサービスの停止)
運営者は、以下の場合により、利用者に通知することなくサービスの提供停止をすることができる。
(1)利用者登録の内容に虚偽の申告があった場合。
(2)過去にサービスの利用資格を取り消されたことがあることが発覚した場合。
(3)本規約に違反した場合。
(4)運営者がサービスの提供がふさわしくないと判断した場合。

【8.個人情報の取り扱いについて】

利用者は、申し込み手続きにおいて、運営者からの要請に応じて、正確な個人情報を、虚偽なく運営者に提供するものとする。

運営者は、利用者の個人情報を尊重すべきものと認識し、適切に利用、管理するものとする。

運営者は、利用者から収集した個人情報を、サービスの提供及び業務遂行の為のみに利用し、いかなる場合も利用者の合意なしに、かかる利用者の個人情報を第三者に提供しないものとする。
但し、以下の各号のいずれかに該当するの場合はその限りではない。
(1)利用者又は公衆の生命、健康、財産等の重大な利益を保護するために必要な場合
(2)法令に基づく開示請求があった場合
(3)当該蓄積情報が本規約に定める【禁止事項】に該当する、あるいはそのおそれのある場合。
前号に該当する場合、運営者は、利用者の個人情報の全部又は一部を、利用者への事前の通知、承諾なしに、第三者への開示を含む適当な措置をとることができるものとする。

利用者は、住所、連絡先、電子メールアドレス等、運営者への諸届出内容に変更があった場合、速やかに運営者が別途定める手続きに従って変更の届出をするものとする。
運営者は、運営者が別途定める手続きに従って利用者から各個人情報の変更の届け出があった場合は、すみやかに、情報の変更、更新を行う。
なお、届出がなかったことで利用者が不利益を被った場合、運営者はその責任から免責される。

【9.日本国外における利用】

本サービスは、日本国内における利用を前提とする。日本国外での利用も可能ではあるが、利用する場合、利用者は利用される国、地域における規制や技術輸出に関する諸法令を遵守することに同意するものとする。

【10.知的財産権】

サービス、及び運営者のウェブサイトに掲載される個々の文章、図形、商標、デザイン、ロゴマーク等に関する著作権、商標権並びにその他の知的財産権は、クロスワード.jpに属しているか、もしくは、その使用許諾を得ているものである。
利用者は、著作権、商標権並びにその他の知的財産権を侵害しないことに同意するものとする。

【11.免責事項】

運営者は、サービスの提供、継続にあたり、スムーズな運用を心がけ、サービスの提供及び継続に支障の出ないよう、最善の努力義務を担うが、障害、停止が生じないことを保証するものではない。

通信回線やコンピュータなどの障害によるシステムの中断、遅滞、中止、データの消失、またはデータへの不正アクセスにより利用者に生じた損害については、運営者は一切の責任を負わない。

運営者は、利用者がサービスの利用にあたって得た情報等の正確性、有用性、特定の目的への適合性等について、保証するものではない。
利用者が本規約等に違反したことによって生じた損害については、運営者は一切の責任を負わない。

以上 (2017 年 11 月 2 日改定)

 
 
 
 

このページのブックマーク:

ブックマーク方法

Google Chromeの方はこちらからブックマークしてください!

このページのブックマーク:

ブックマーク方法

Internet Explorer 11の方はこちらからブックマークしてください!

このページのブックマーク:

ブックマーク方法

Edgeの方はこちらからブックマークしてください!

このページのブックマーク:

ブックマーク方法

Safariの方はこちらからブックマークしてください!