冬クロスワード8×8(カラシナ、カネツ)_問題11

このページは「季節クロスワード/冬シーズン(カラシナ、カネツ)」のページです。
問題数:30問、出題カテゴリ【季節クロスワード > 冬シーズン】クロスワードパズル!

冬クロスワード 総合ランキング

ランキングニックネームスコア
未更新名前なし0
*ランキング毎時更新*

スポンサーリンク

季節クロスワード/冬シーズン

【季節/冬クロスワード[例]:カラシナ、カネツ】

<< 前の問題

問題/解答セット:教材・パズルゲームとして使用可 [無料ダウンロード]
スポンサーリンク

この問題の回答者数:0人

12345
67
89
10111213
1415
16171819
2021
2223

タテのカギ:

ヨコのカギ:

今回のスコア: /
(イベントボーナス! スコア 倍!)
(プレイボーナス! スコア + 点!)
点!

このニックネームで回答を保存する

*すでに登録済スコアより低くなる場合は上書きされません*

保存しないで戻る

このクロスワードパズルの解答を見る

次の問題 >>

スポンサーリンク

タテのカギ:
2使うときに割って二本にする杉・竹製などのはし。
3部屋の中に光を入れたり、風を通すために、壁などに空けてある穴。
4自分のやっていることや周りの物がわかる心のはたらき。
5がけから流れ落ちる川の流れ。寒い地域ではこれさえ冬には凍る。
6駅の仕事をする人。駅の職員。
8物事を始める最初の段階。物事のしはじめ。
9病気やけがを手術などによって治療する医学分野。
12敷地の中の建物に取り囲まれている庭。
13「○○の寒恋い」 意味:(冬を嫌う○○でも、さすがに真夏には冬の寒さを恋しがるということ。)
14衣服の首の周り。
15金属元素の一つ。元素記号Fe。かたくて銀色のつやを持つ。
17長い柄の先に布などをつけたそうじ道具。
19写真・テレビなどの画像の質。画像品質。
20牛・豚などの舌の肉。
21魚などが水中生活するための動物の呼吸器。
ヨコのカギ:
1旬は冬。おもにおせち料理に使われる。ピンポン玉くらいの丸い実の部分から数cmの芽が伸びている。
3魚・野菜などを包丁で切るときに下に敷く板や台。
6現在の東京にあった、江戸時代の都市。
7春・夏・秋・冬のこと。
8鶏肉で、手羽の先の方の部分。
9演劇。芝居。ドラマ。
10川や谷・道路などの上にかけわたし、両側の地点をつなぐ役目をするもの。
11都会からはなれ、緑が多く、人口が少ない所。
14日本調のこぶしを利かせた歌謡曲。
15小さな力を大きな力に変えて重い物を動かす棒やしかけ。
16はかり、ものさしなどに付いている、量や重さの区切りを表す印。
18一年で二番目の月。寒さが一番厳しい季節といわれている。
20毛や糸などをたばねて作った、物をこすって洗うためのもの。
22英語で西洋風の前掛けのこと。
23雨や雪のしずくが凍って、軒先などから棒状に垂れ下がったもの。たるひ。

■サイト限定公開中(冬クロスワード )■
冬クロスワード iOS冬クロスワード

用語メモ:季節/冬クロスワード出題中の一部問題と解答

コメ稲の実から、もみがらを取り除いたもの。日本人の主食。
ボタン指で押して機械類などを作動・停止させるためのもの。
アラウミ波の荒れくるう海。
ケンゼン体がじょうぶでしっかりしているさま。考えや行いが正しくしっかりしているさま。
カヨウ節をつけてうたう歌の総称。
アジミ少し食べたり、なめたりして、食べ物の味を調べること。
イツツ一つの五倍。五歳。
オンスイッチが入っていること。
サクネン今年の前の年。去年。
シユルイたくさんの物の中で、同じような形・性質を持つ物のまとまり。
キツツキ森林にすむ鳥。するどいくちばしで木の幹をつついて穴を空け、虫をとって食べる。
オドリ音楽や歌に合わせて体を動かして、何かを表現する。
シガツ一年で四番目の月。北海道ではまだ雪が残るところがある。
ロク五の次の数。むっつ。
コンドこのたび。今回。この次。
サブコンテンツ

クロスワード一覧

キャラクター一覧

★青い猫 トニー★★可愛い猫 リリー★★ハンサム猫 フィリックス★★妹猫 ルーシー★★子分猫 ラッキー★★父親猫 マックス★
 
 
 
 

このページのブックマーク:

ブックマーク方法

Google Chromeの方はこちらからブックマークしてください!

このページのブックマーク:

ブックマーク方法

Internet Explorer 11の方はこちらからブックマークしてください!

このページのブックマーク:

ブックマーク方法

Edgeの方はこちらからブックマークしてください!

このページのブックマーク:

ブックマーク方法

Safariの方はこちらからブックマークしてください!